事例紹介
  • 全て
  • ウェブデザイン
  • プラットフォームソリューション
  • グラフィックデザイン


シサム工房 sisam ethical men’s 21AW


「お買い物とは、どんな社会に一票を投じるかということ。」というメッセージを掲げる「シサム工房」さま。1999年から、フェアトレードの衣料や雑貨を販売されています。メンズを強化されるにあたって、LOOKBOOKサイトを制作させていただきました。シサム工房さんに縁のある方々にモデルとしてご登場いただき、各人物のライフスタイルからストーリーを描いて撮影を行いました。写真をしっかりと見せながらオンラインストアへの導線をわかりやすく配置できるよう、スマホとパソコンそれぞれにサイズやレイアウトを調整しながら進めました。


データ                            
URLhttps://ethicalmens.sisam.jp
Release2020/12
Smartphoneレスポンシブ対応
Direction柴田明
Designやまもと
Photo今西徹(maktub
Cording長友


雅法衣店


臨済宗の法衣を一点ずつオーダーメイドで仕立てている「雅法衣店」さま。法衣や袈裟が仕上がるまでには、染色や織り、洗い張りなど、たくさんの工程が分業で行われます。それぞれの工房を訪問させていただき、webサイト上でも、ものづくりの現場の空気が伝わるようデザインさせていただきました。季節ごとの生地の質感や柄の美しさをしっかり見せていただけるよう、ギャラリーページを設置。機能面では、更新のしやすさとレイアウトのダイナミックさを兼ね備えることを重視しました。


データ                                
URLhttps://miyabihoui.com
Release2022/02
Smartphoneレスポンシブ対応
Direction水谷 / 柴田明
Design折戸
Photo前田浩作(fivewit
Writing柴田明
Cording西田


革靴をはいた猫


靴磨き・靴修理を通して人の可能性を引き出し、人と社会をつないでいる「革靴をはいた猫」さまのコーポレートサイトを制作しました。龍谷大学で障害のあるメンバーと一緒にカフェを運営した経験から、卒業後に起業。「インクルージョン」や「ダイバーシティ」のあり方を追求する姿勢が共感を集め、様々な活動を展開されています。靴磨き・靴修理という事業内容と、事業を通じて体現されている思い。その両方をバランス良く伝えられるよう、導線や表現について何度も議論しながら制作させていただきました。新しい事業の立ち上げや新店舗のオープンなど、今後の会社の発展に合わせてwebサイトを拡張していただけるよう更新機能を設計しています。


データ                        
URLhttps://kawaneko39.com/
Release2021/12
Smartphoneレスポンシブ対応
Direction柴田明
Design折戸
Cording西田 / 山口


京都大学入試企画課
SELF BRAND誌面広告デザイン&ライティング


京都大学のオープンキャンパスや大学説明会などの入試広報に携わっている「京都大学入試企画課」さま。受験生向け情報誌「SELF BRAND」に掲載する誌面広告のデザインとコピーライティングを担当いたしました。デザインは明るくポップな優しいテイストで、125周年を迎える京都大学が「原点に立ち返り新たに歩み出す」姿勢を表現しました。コピーライティングでは「125年」という数字だけでは表すことの出来ない時代背景を受験生の方々に伝え、京都大学が作られた目的や現代社会を生きる私たちが抱える課題を踏まえた、大学としての意志を表明しています。


データ                    
サイズ420mm×287mm
Release2022/06
Direction早見
Design大曲
Writing柴田明

京都大学入試企画課 クリアファイル

京都大学のオープンキャンパスや大学説明会などの入試広報に携わっている「京都大学入試企画課」さま。受験生向け入試関連イベント配布用としてクリアファイルを作成しました。今まで作成したクリアファイルから少しイメージを変えて、ポップで明るいものというご要望に沿ってデザインを検討。予算を守りながらも思わず欲しくなる特別な品となるよう、デザインの力で2通りの絵柄が見られるマジッククリアファイルを実現。十人十色の大学生活を送る学生たちの前に置かれた扉は、京都大学から広がる様々な進路の可能性を表現しています。


データ
サイズ A4
Release 2022/03
Direction 早見
Design やまもと / 吉澤

立命館大学 社会学研究科 特設コンテンツ

人々との営みとともにつづき、人と人をつないでいく、そんな多岐に渡る研究を行なっている「立命館大学 大学院 社会学研究科」さま。社会学研究科への理解を深めてもらうための特設コンテンツを制作しました。研究の多様さを表現するため、1つのイメージに凝り固まらないよう抽象的で動きのあるデザインをご提案。また、社会学の内容を多角的に捉えてもらえるようにさまざまなインタビューや対談記事を掲載しました。堅苦しくない自然な表情の写真により、親しみやすい雰囲気を表現しています。


データ
URL http://www.ritsumei.ac.jp/gss/ccs/
Release 2022/03
Smartphone レスポンシブ対応
Direction 小室
Planning 廣川淳哉
Photo 岡安いつ美
Design やまもと
Cording 長友

株式会社丸や おちゃのこさいさい 2022福箱 特設サイト

舞妓はんひぃ〜ひぃ〜シリーズでお馴染み、京都の「丸や」さま。2022年福箱のランディングページを制作しました。丸やさんカラーの海老茶色をメインに、お店の目印である鍾馗(しょうき)さんが干支の虎と行進している、お正月の華やかさ溢れる可愛らしいデザイン。ページ全体の賑やかでおめでたい雰囲気を演出するため、見出しのフォント選びにもこだわりました。福箱ならではのお得さが伝わるように、充実のセット内容を表現した立体感のある商品画像に仕上げています。


データ
URL https://www.ochanokosaisai.com/f/2022fukubako
Release 2021/11
Smartphone レスポンシブ対応
Direction 廣瀬 / 早見
Design やまもと / 折戸

株式会社丸や おちゃのこさいさい 2022福箱 段ボール チラシ

舞妓はんひぃ〜ひぃ〜シリーズでお馴染み、京都の「丸や」さま。2022年福箱段ボール、チラシを制作しました。箱をコレクションしたくなるような楽しく目を引くデザインというご希望をもとに、ひと目で七味を扱う会社とわかるように仕上げました。丸やさんカラーの海老茶色をメインに、お店の目印である鍾馗(しょうき)さんが干支の虎と行進している、お正月の華やかさ溢れる可愛らしいデザイン。段ボール印刷では細かいドット等を用いて色の濃淡を表現しました。


データ
Release 2022/03
Direction 廣瀬 / 早見
Design やまもと / 折戸

滋賀県社会福祉協議会

「ひたすらなるつながり」という理念のもと、滋賀県の地域福祉を担う「滋賀県社会福祉協議会」さま。生活課題を抱える滋賀県の方々が必要な情報にアクセスしにくい、という問題を解決するためにサイトリニューアルを行いました。「福祉用具について相談したい」等の吹き出しをクリックすると、その事業のページに飛ぶことができます。琵琶湖をモチーフにしたイラストで親しみやすさを出しつつ、どんな状況の方でも違和感なく受け入れられるフランクすぎないデザインになるよう配慮しました。


データ
URL https://www.shigashakyo.jp/
Release 2022/3
Smartphone レスポンシブ対応
Direction 廣瀬 / 早見
Design 折戸 / 吉澤
Cording 山本 / 内藤