3社合同勉強会〜ディレクター編

2017.10.26.ナカムラ

DSC_7841.JPG
 

10/24(火)、翠灯舎とアーキテクトタイタンとおいかぜ3社による

6回目の合同勉強会~ディレクター編を開催しました。

 

今回のテーマは「見積もりから考える作業工程」ということで

普段から業務で見積書を作成をしている12人の社員が集まりました。

 

タイムテーブルは以下の通りです。

 

DSC_7860.JPG

 

今回の勉強会は、運営スタッフが準備したカフェサイトの架空のリニューアル依頼書を元に

「この案件の見積もりを作成する場合、どのような作業が発生するか」

を12人全員で考えるといった内容です。

 

まずはじめに運営スタッフの桂さんがカフェサイトのWeb担当者になりきって

依頼内容をプレゼンしてくださいました。

(サイトマップもすごくリアル!案件のリアリティが増します!)

 

DSC_7861.JPG

 

次にWeb担当者役の桂さんへの質疑応答を終えて全員が依頼内容を把握したところで、

2チームに分かれてポストイットに見積書作成に必要な作業項目を書き出します。

 

DSC_7880.JPG

 

1つのチームは最終工程で必要になる納品物を作成するために

必要な制作物や作業工程などをざっくばらんに書き出していきました。

そこからグルーピングをしながら壁に貼り、足りない作業を補っていくという方法で作業の洗い出しを進めました。

 

DSC_7865.JPG

 

一方、もう1つのチームは依頼を受けた後の実際のワークフローに添って、

納品物・制作物に紐づく作業工程を書き出していきました。

「デザイン」「コーディング」など大きな項目を出してから、それぞれを具体的に分解していきました。

 

DSC_7874.JPG

 

壁に両チームが作業工程を貼り終えたあと、

チームの代表が発表して、みんなで両チームの作業工程を確認しました。

 

DSC_7908.JPG

 

DSC_7924.JPG

 

「この作業、そんな作業名をつけてるんですね!」

「あーそういう工数の表示の方法もあるのか。」

「こんなクライアントの場合はこういうアプローチもいいですね。」

 

などワイワイ話しながら今後の参考にとポストイットの写真を撮る社員もちらほら。

 

同じ題材でも帰納法で積み上げる方法と演繹法でブレイクダウンする方法とで

進め方からもこれだけ違うんだーと新たな発見がありました。

 

ディレクターの仕事はとても作業範囲が広いし、

見えない作業に結構な工数が発生したりするので、

他の人がどのように作業範囲を切り分けしているのかや、

そもそもこの作業はこっちの作業とまとめて書くとクライアントに納得してもらえるんだ、

などといった貴重な学びがたくさんありました。

今後の業務にどんどん生かしていきたいと思います!

 

参加者のみなさま、お疲れ様でした。

 

DSC_7887.JPG

 

今年度はあと1回ディレクターの会を開催予定です。

引き続きブログで報告させていただきますので、

今後ともよろしくお願いいたします。


PS事業部研修会

2017.10.25.クラ

img_171013_02 10月のとある日の定時後。
oikazeCUBEを覗いてみると、プラットフォームソリューション事業部のメンバーが集まっていました。
第15期から月1ペースで研修会を行っていて、この日は2回目の開催です。

img_171013_03 メンバー内で気になるテーマを取り上げて発表し、意見交換や知見を深めていくのが、この研修会。

今回は、「DNSSECについて」というテーマで岡山ちゃんが発表。
技術的な話題を中心に、DNSSECそのものや導入に関しての話や、最近話題になったKSKロールオーバーロールについて調べたことを報告してくれました。
学生時代からおいかぜにインターン、アルバイトに来てくれていた彼女は、今年から正社員としてバリバリ活躍してくれています^^

img_171013_01 岡山ちゃんの発表を受けて、拠点ごとの話や、DNSSECの必要性について、
といった話をして、メンバー間で盛り上がっていました。

PS事業部のメンバーは、各拠点で活躍しているため、月1のほうれんそうでしか会えませんでしたが、この研修会を機に事務所に戻る頻度が増えそうで嬉しいです^^

私は、今回興味があって参加してみたのですが、単語は一部分かるけど、ほぼ分からない状態でした。苦笑
単語だけではなく、もう少しサーバー・ネットワークについて体系立てて理解を深めていこうと思います…!

また、拠点ごとに活躍しているPS事業部と事務所で制作を行うWebチームは、一見関わり合いがないように思えますが、
Webチームも制作の中でも、PS事業部のメンバーに助けられている場面は多くて、こういった技術の探究心がおいかぜのエンジニアリングを支えているのだなぁと、改めて感じました。

おいかぜでは、これからもエンジニアリングとデザインの力で、みなさまのおいかぜになっていきます!

クラ


コトキャリ2019「しごとトークKYOTO」でお話ししてきました。

2017.10.13.クラ

IMG_9982
こんにちは、クラです◎

9/13(水)に京都市わかもの就職支援センターさんのイベント”コトキャリ2019「しごとトークKYOTO」”でお話をさせていただきました。
京都市わかもの就職支援センターさんとは、広報物の作成やウェブサイトリニューアルなどで一緒にお仕事をさせていただいおり、私もウェブサイト構築に携わらせていただきました。

そういったご縁もあり、今回は「広報・企画職で働く社会人」の1人として、専門職(エンジニア)を兼務しながら広報・企画職をする社会人としてお声がけいただきました。

IMG_9955-2 イベントは上記のようなタイムテーブルで行われ、最初に各社の自己紹介を行った後は、各テーブル毎に少人数グループでお話をしていきます。

img_kotocal02 おいかぜの他に
秀和株式会社さん
香老舗 松栄堂さん
株式会社シナノトレーディングさん
株式会社ハートフレンドさん
の計5社の広報・企画職で働く社会人が参加しました。
自己紹介タイムでは、各社の個性が光ります。

IMG_9969-2 私も参加者の皆さんの前で自己紹介。
おいかぜパンフレットを手に「これを見ながら、おいかぜのことを知っていただき、参加者の皆さんとお話していきたいです。」と挨拶させていただきました。
普段篭って作業しているので、皆の目を浴びながら自己紹介という、ちょっとしたプレゼンでも緊張してしまいます…苦笑

IMG_9981-2 IMG_9985 少人数でのグループトークでは、おいかぜパンフレットを学生さんに見ていただきながら事業紹介をしたり、
OF PLANTS、oikazeごはん、ワワワといった自社プロジェクトについても制作物を交えながら紹介をし、
専門職(エンジニア)を兼務しながら広報・企画職をする私自身の働き方についてもお話をさせていただきました。

おいかぜで働き始めて、早いもので3年目。そして社会人になってからは、1番勤務年数が長い会社となりました。
学生時代からコミュニケーションデザインをベースに、イベントの運営・企画を学び、趣味で行っていたコーディングを現在の仕事にしていますが、oikaze.jpのブログ担当として広報を行い、oikazeごはんで企画をしていると、学生時代に培われたものが巡り巡って、今に生かされているような気がしています。
おいかぜに入るまでに所属していた会社での経験ももちろんですが、その時々でやっていたことに意味が無いことなど1つもない、と個人的には思っています。

そういった今までの経歴や活動をお話をし、

「いろんな体験をして、自分の中の引き出しを濃くしてみてください。数がたくさんあっても良いし、中身が多くても良いです。とにかく自分の中にたくさんパーツを持ってください。私は、”広報・企画職は、大きなパズルを作り上げるような仕事”だと思っています。そのパズルにピースが当てはまるように、いろんなパーツを自分の中に蓄えておくと、面白い組み合わせが出来ることもあるように思うのです。サークルでも、バイトでも、ゼミでの活動でも、何でも面白がって取り組んでみてください。」

という自分なりの考え方を学生の皆さんにお伝えさせていただきました。

この会をきっかけに、おいかぜのことや、「こんなことを言ってた人がいたな〜」なんて思い出してもらえる何かになっていれば幸いです。

当日は、代表・柴田も見守り参加をしてくれたり、他の企業さんがテキパキと自己紹介をされていて、序盤はとっても緊張していたのですが苦笑、グループワークからは自分のペースを取り戻してお話し、学生の皆さんの質問も受けてお答えをしつつ、自分がだったらどうするかなぁ、と普段気付かない視点で物事を考えることが出来、とても良い機会でした。

昨年の京都精華大学での授業もそうなのですが、大学を卒業してから何故か年1ペースで、大学生の皆さんを前にお話させていただく機会をいただいており、学生の皆さんとの対話を通して、毎回自己整理のような、自分の進んでいく道を再確認する場のような気持ちがしています。
今回のお話の中でも、専門職(エンジニア)を兼務しながら広報・企画職をしていくおいかぜでの働き方を整理することが出来、他社の企画・広報職の皆さまの立ち振る舞いを見ながら個人的にとても勉強になり、もっとあーしたいこーしたい等、いろんな物事を考える事が出来た、とても有意義な時間でした。

関係者の皆さま、このような機会をいただきありがとうございました。
少しでもおいかぜに興味を持たれた学生の皆さまは、oikazeごはんなどのイベントの機会でお会いできることを楽しみにしています^^!

(追記)
当日の様子を京都市わかもの就職支援センターさんにレポートいただきました。
こちらも合わせてご覧ください。https://kyoto-wakamono.org/news/2082/


3社合同勉強会〜チーミング編

2017.09.20.クラ

img_170714_02 7/14(金)、翠灯舎さんとアーキテクトタイタンさんとおいかぜの3社による、5回目の合同勉強会を開催しました。
今回は「チーミングの基礎」として「メンバーの相互理解によるチーム作りを目指すこと」がテーマです。

img_170714_01 講師は、OVERKASTの遠藤哲生さん。
4月の「コミュニケーション」に続き、講師をお願いいたしました。
制作会社・受託会社のディレクターを経験し、現在も「チーム」を率いてプロジェクトを進める遠藤さんから「チーミング」の基礎を学びます。
# 今回の勉強会について、遠藤さんのブログでご紹介いただきました。こちらも是非合わせてご覧ください!

img_170714_11 勉強会は、

前半:「チーミング」を理解し、「チーム」を改めて知る講義の時間
後半:他の職種を理解する個人ワーク、「ドラッガー風エクササイズ」と「ふりかえり」で行うチームでのワークの2種類のワークショップ

の2部構成で行われました。


さて、このブログを読んでいる皆さんは、「チーミング」という言葉をご存知でしたでしょうか。

私は運営メンバーの1人として、この勉強会のプログラムを遠藤さん達と詰めていく中で初めて知りました。
それまでは、ざっくりと「チームビルディング」という概念で自分の中で一纏めになっていました。
運営陣や経営陣の中でも定義が曖昧で、最初の遠藤さんへのオファー内容も『「チームビルディング」の勉強会』でした。



今回の講義での言葉の定義となりますが、

【チームビルディング】
チームをより効果的に機能させるために、チームの立ち上げからチームを作っていくこと

【チーミング】
チームに関わる人が主体的にチームを分析、学習し、成長させること / PM、責任者、メンバーなどの役割は無視する

という考えからすると、3社はそれぞれ、会社ないし事業部としてのチームが既に形成されており、チームの立ち上げからチームを作っていく「チームビルディング」を全員が学ぶ必要はありません。
『職種を問わず、チームに関わる人が主体的にチームを分析、学習し、成長させる「チーミング」を学んだ方が今後の業務に生かされるはずだ!』という考えの元、遠藤さんに誰が参加しても分かりやすいプログラムに調整していただきました。

img_170714_03
講義では、「チーミング」という言葉を理解し、チームに関する研究やフレームワークを知り、成功している「チーミング」と失敗している「チーミング」を学びました。

前回の「コミュニケーション」勉強会の中でも登場した「心理的安全な環境作り」というキーワードや『成功している「チーミング」とは、メンバー間で相互依存を認め、個人の貴重な知識を重視している』と定義を聴いていると、「個人が持っている貴重な知識を言いやすくなるような快適に過ごせる環境作りが、個の力を高め、チームとしてもレベルアップするんだなぁ」ということが改めて分かりました。



「今の時代は、誰か1人がリーダーシップを取るのではなく、状況に応じたリーダーシップ、シチュエーショナル・リーダーシップを取り、個性の異なるメンバーの優れた能力を発揮されるが重要な時代だ。」と遠藤さんはおっしゃいます。

誰もがリーダーシップをとるという行動は、一見すると難しいことのように思いますが、先に挙げたような「心理的安全な環境作り」が出来るようになると、例え失敗したとしても「また挑戦してみよう」という気持ちが生まれ、失敗を恐れない環境が作れるように思います。

おいかぜもこのような環境づくりを忘れずに、新しいプロジェクトやイベントごとに挑戦し続けていけるように、より改善していきたいです。

img_170714_07 ワークショップは、個人ワークとチームでのワークの2種類。

個人ワークは、分野や領域の違いを知るために、違う会社、知らない人とペアになってのワーク。

ポストイットに自分の職務を書き、ペアになった方のポストイットから、その人が普段どんな仕事をしているかという仕事の流れを想像しながら、A4用紙に図や絵やフロー図や△や□などを使って書いていきます。
相手に教えてもらったり、質問するのはNGなので、ポストイットの情報と自分の知識で妄想作業。
その後、相手へ説明し、実際の流れに合っているかを確認し、互いに相違点を説明するまでがこのワークです。

img_170714_06
私は、アーキテクトタイタンさんのアシスタントディレクターの方とペアを組ませていただき、

「ディレクターのアシスタントだから…議事録をまとめたりするんですかね。じゃあ、ライティング、文章を書く作業が得意そう!後は、html,cssの知識があったり…ぁ、運用でSNS投稿や管理もされているんですかね。じゃあ、SNSに関する知識があるんだ。制作チームとも繋がるし、クライアントさんと直接やり取りをしたりと、いろんな方を繋ぐような立ち位置で仕事をされているのかな。」

といったように発話をしながら、A4用紙にまとめていきました。(写真は実際にまとめている私です笑)

発話をしながらまとめるって、恥ずかしいことのように思うのですが、これはとても重要な行為なんです。
自分自身にとって、脳内のみで書き起こすよりも、独り言のつぶやきの中から新たな気づきが生まれてきます。
また、発話をしながら自分のことをまとめてくれる相手を見ていると「こういう風に思われているんだ!ぁ〜そこはそういう認識じゃないんだよなぁ。後で答えあわせをする時にお伝えしよう。」と自分でも普段気づかない点に気付かされます。

「声を出して伝えることは、自分にとっても相手にとっても有益でとても大切だ」ということを再認識出来たワークのように思います。

img_170714_09 チームでのワークは、チーム内での領域と役割を知り、「ふりかえり」を行うワーク。

おいかぜは、2チームに分かれ、「色々な案件をやっていくチームとして、どのようなチーム作りをしたいか?」という目的を設定し、それぞれのチームでワークを行いました。

img_170714_04
このワークの中で個人的に印象的だったこととして、チームメンバーに対する本音が垣間見える「期待」が言い合えれた、ということがありました。
チーム内で目的を決め、「自分の得意なこと/このプロジェクトに対してどう貢献してくのか」と記入し発表した後に、各メンバーに「期待」していることを書いて貼っていくんです。それが上記のような写真。
青いポストイットが自分自身、黄色いポストイットが各メンバーに対するものです。

「この人のこの力には、毎回凄く助けられている。とても有り難いので、今後も継続してほしい。」
「この人のこういうところが素敵なのは分かっている。だから、それを業務でも生かしてほしい。」

など、このワークでは、各々が思っている本音に近いような意見が言い合えれたなぁと思いました。

img_170714_12 「ふりかえり」のワークでは、「KPT(Keep,Problem,Try)」のフレームワークを使用した振り返りを各チームで行いました。

上の写真は、私のチームで挙がっていた1コマ。
「よく気付いたね〜」「気付いてたけどここで書かなくてもいいかと思ってたよ」なんて、ワイワイと話が盛り上がる中、遠藤さんが「こういった気付きが挙がる会社は良い会社だと思っていますし、どんどん挙げていってください。」とおっしゃられていました。

当時は深く考えていなかったのですが、このブログをまとめながら、「メンバー間で言い合いやすい環境や関係性が出来ているから、遠藤さんは良い会社だと思ってくださったんだろうなぁ。」なんて思ってしまいました。
ご指摘いただきありがとうございました!

img_170714_05 今回の勉強会は、3社合わせて36名が参加。
oikazeCUBEでの開催も考えていましたが、人が入りきらないため、アーキテクトタイタンさんのMTGスペースで開催いたしました。初めてアーキテクトタイタンさんに来たおいかぜメンバーもいて、「街中にこんな素敵なスペースがあるなんて!」と、感動していた者も。
タイタンさん、ありがとうございました!

おいかぜは、WEBチームを始め、プラットフォームチームも含めた10名で参加。
代表・柴田は、経営者という立場なので、ワークには参加せず見守り役として、参加するスタッフを終始笑顔で見守ってくださってました^^

img_170714_10
勉強会の後は、席替えを行い、他社のスタッフさんとお話をする交流会を行ったり、
祇園祭で街が人で賑わう中、場所を変えて懇親会を行いました。

普段なかなか話せない方とも交流することが出来、とても楽しい時間になりました。

チームについて根幹から考える、とても刺激的な勉強会でした。
ここで学んだことを、毎日の仕事に活かしていきたいです。

遠藤さん、本当にありがとうございました!

クラ


スタッフ退職のお知らせ

2017.07.31.柴田

staff_resignation_20170719_2
2017年8月末をもって、ディレクター兼ウェブエンジニアの”まつもっちゃん”こと
松本彩香が退職致します。

新卒採用から4年半の間、おいかぜで活躍してくれましたが、この度退職することになりました。

まつもっちゃんは向学心が強く、ウェブ未経験から4年半で社内の主軸になるまでに成長してくれました。
彼女が担当してくれた案件はとてもハードなことが多く、一緒に大変な思いをしたこともあったのですが、
どの案件もおいかぜの新しい境地を切り開いたものばかりでした。

おいかぜでキャリアを続けていくこと、新しい学びの機会をつくれなかったことは残念なのですが、
次のステージでの活躍を心から応援しています。

今回まつもっちゃんの退職を機に「ジョブリターン制度」を新しく設けました。
退職後3年以内であれば、いつでもおいかぜに戻ってこれる制度です。
未来のことは誰にもわからないけれど、私はまたまつもっちゃんと一緒に働きたいと思っているし、
彼女が何年か後においかぜで働きたいと思ってくれていたら、すぐに戻ってこれるようにしたい。
そんな想いでつくった制度です。そして、これからおいかぜを去っていくスタッフのためにもなる制度です。

まつもっちゃん、4年半の間、ありがとうございました。
またいつか一緒に仕事ができればと思っています。

そして、おいかぜを通じて、彼女を支えてくださった方々、ありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。

業務で関係している方々には既に報告させていただいておりますが、
このブログで改めての報告とさせていただきます。

松本が関わっていた業務やその他のことで何かございましたら、
下記までお問い合わせください。

[お問い合わせ先]
TEL:075-314-4367
MAIL:info@oikaze.jp

柴田


7月のoikazeごはん

2017.06.30.やまもと

ogp_07
7月のoikazeごはんは
ごはんを食べながら、本についてゆるりとお話ししたいな、
という回です。

わたし(やまもと)は本が好きです。
文字を読むことも、
ページをめくる動作も、
印刷したての本や古本のあの甘い匂いも。
あと、表紙を眺めることも。

「本の話を誰かとしたい」
「最近読んでいないけど本に出会いたい」という方、
本との過ごし方はそれぞれかと思いますが、この日は、本を楽しむ時間を一緒に過ごしませんか。
当日ご用意する本はこちらです。

~ ~ ~ ~ 出会う本 ~ ~ ~ ~
『 宇宙のあいさつ 』
著) 星 新一 挿絵) 和田 誠
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

『 宇宙のあいさつ 』には35のショート・ショートが集録されています。
この本の中から”初雪”という話をモチーフにごはんを作ります。
”初雪”を知っている人も知らない人も楽しめる会になっております。
どんなごはんが出てくるかは、当日までのお楽しみです!

定員は10名。参加費として500円 + 本代680円(合計1,180円)をお願いいたします。
『 宇宙のあいさつ 』をご持参いただける方は本代はかかりません。500円のみとなります。

詳しくはFacebookのイベントページをご覧ください。
残席はわずかになっていますが、
ご参加いただける方は、イベントページにて「参加予定」にしていただけますと幸いです。

・イベントページ 7月のoikazeごはん
ー小説の世界をモチーフにつくるごはんー
https://www.facebook.com/events/102529053655136/


あけましておめでとうございます。

2017.01.05.柴田

hatumode2017
あけましておめでとうございます。
 
弊社、株式会社おいかぜは本日が仕事始めです。
例年通り、朝から近くの春日神社へ事務所スタッフで初詣に行ってきました。
会社としての区切りは期末ですが、年始もまた一区切りになりますね。
 
さて今年のおいかぜの年賀状はみなさまのお手元に届きましたでしょうか?
ハガキのシールをめくっていただいて、以下のサイトにアクセスコードを入力してください!
今年もメッセージと素敵な贈り物をご用意しております。是非お試しくださいませ。
 
[株式会社おいかぜ 年賀状特設サイト2017]
http://www.oikaze.jp/newyear_2017/

また年賀状については改めてブログにて紹介させていただきます。

まだまだ寒い日が続きます。
みなさまどうぞご自愛いただきまして新しい年を健康でお過ごしください。

本年も株式会社おいかぜを何卒よろしくお願い致します。


10月のほうれんそう全社会議

2016.11.09.クラ

こんにちは、クラです◎
先月27日(木)に10月のほうれんそう全社会議を行いました。

 

ほうれんそうでは、毎回各事業部のリーダーから報告を行っています。

私が所属しているウェブデザインチームでは、
チームで制作を行い、その月に公開されたウェブサイトを紹介しています。
サイトの技術的な説明や苦労した話など、そのサイトの裏側も聞ける貴重な機会。
プラットフォームチームのメンバーも興味津々で、互いのチームの刺激になっています。

会議中に紹介されたサイトは、実例紹介に掲載されていきます。
今後も増えていきますので、皆さんも是非チェックしてみてください。^^

 

各事業部からの報告の後には、いつもの美味しいご飯タイム。
拠点での出来事、技術の話、プライベートでの話をお供に、楽しくゆったりした時間が流れていきます。

dsc_2447
dsc_2446
今月のお弁当は、前月に引き続き
「おかあさんと子供に優しいお弁当」をテーマにされた酒井さんのお弁当。
無農薬・減農薬のお米・お野菜安全な調味料を使ってつくるお弁当です。

お豆や麦が多くて、とっても美味しかったです。ごちそうさまでした。

dsc_2452
今月は、グラフィックデザイン事業部のユリコフとプラットフォームソリューション事業部の渡邉さんの誕生月!おめでとうございます!
お菓子は、おいかぜ近くの菓子職人さんで。
ハロウィンが近かった事もあり、ハロウィン仕様のスイーツと種類の異なるモンブランを用意してもらいました。
どれも美味しそうで、何を食べようか迷ってしまいました。笑

急に寒くなり、冬が近づきつつある京都。
京都の寒さは、凍てつく寒さ。負けじとスタッフ一同頑張っていきます!次回は11月開催です。


9月のほうれんそう全社会議

2016.10.03.クラ

こんにちは、クラです◎
先月29日(木)に9月のほうれんそう全社会議を行いました。

img_160930_01
今回は、いつもの全体報告の前に、お灸堂さんによる出張セミナーを開催しました。
「おいかぜクエスト」と題して、スタッフの「健康」と「コンディショニング」についてのお話とワークの2本立てです。

img_160930_02
お灸堂さんのモットーは、「健康を楽しく、治療より予防。」

「真面目なテーマも楽しく学んでいただければ少しは興味を持って頂けるかも…」という院長・鋤柄さんの粋な計らいで、スライムの帽子を被ってセミナーを行っていただきました。
チャーミングな鋤柄さんの行動に、私達スタッフも終始和やかな状態でセミナーを受ける事が出来ました。^^
今後ともよろしくお願いいたします!

img_160930_03
今月のお弁当は、
「おかあさんと子供に優しいお弁当」をテーマにされた酒井さんのお弁当。
無農薬・減農薬のお米・お野菜安全な調味料を使ってつくるお弁当です。

月を重ねる毎に、お弁当のバリエーションが増えてきて「今月はどこのお弁当かなぁ〜」とスタッフ一同楽しみになってきました。

img_160930_05
今月は、プラットフォームソリューション事業部の岩崎さんの誕生月!おめでとうございます!
お菓子は、おいかぜ近くの菓子職人さんで。

img_160930_04
拠点での出来事、技術の話、プライベートでの話をお供においかぜらしい会議、楽しくゆったりした時間が流れました。

秋らしくなり過ごしやすい季節になってきました。次回は10月開催です。


1 / 612345...Last »