5月のoikazeごはん ご報告

2017.10.02.クラ

img_170513_05 5/13(土)にoikazeごはんを開催いたしました。
当日の様子をご報告させていただきます。

今回のoikazeごはんは、HACOBU KITCHENの中山 咲子さんをメインゲストにお迎えして、
第1部:みんなで楽しむドイツ料理の時間
第2部:お話を聞きながら楽しむティタイム
の2部構成でお送りしました。

img_170513_01
5月にご参加いただいた方は、

HACOBU KITCHEN 中山さん
LOFTWORKの横浜さん
TENTO 河波さん
コンセプトグラマーの永井さん
kara-Sの冨田さん
地下さん
杉山さん
あっちこっちプロジェクトのマナベさん

おいかぜスタッフは柴田、クラタ、やまもと、中村、岡山の5人でお迎えです。
当日は、お越しいただきありがとうございました。

img_170513_02 秋からドイツに拠点を移す事になった中山さん。
そんな中山さんをテーマに、今回お出しする料理は、ドイツ料理でまとめてみました。

こちらは、おいかぜスタッフが用意した皆で楽しむドイツ料理です。
中山さんに京都市内でオススメのお店を聞いて食材を調達したり、「美味しく出来るかなぁ」と事前に試行錯誤して作らせていただきました^^

〜〜〜〜〜 お品書き 〜〜〜〜〜

・カイザーゼンメル(ドイツパン)
・ソーセージ
・ザワークラウト(キャベツの漬物)
・カルトッフェルズッペ(ジャガイモのスープ)

〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜

img_170513_04 こちらは中山さんにご用意いただいた、クーゲルホップフ!
ドイツのある、アルザス地方を代表する発酵生地のお菓子です。

事前に中山さんとこの会の流れを決めていく際に「せっかくの機会なので、HACOBU KITCHENさんのお菓子を皆さんにお出し出来れば…!」と相談し快諾いただき実現出来たお菓子です^^
参加者の皆さんにも喜んでいただき、お話を聞きながら楽しむティセットのお菓子としてお出ししました。

img_170513_03 ティタイムでは、中山さんの今までとこれからについてのお話をスライドを交えながら行っていただきました。
留学先での食体験がきっかけで「HACOBU KITCHEN」を始めたお話や、店舗を一度お休みしドイツに行かれた際に考え方が変わられたお話だったり、中山さんのごはん一直線な考え方をお聞きする事が出来ました。

img_170513_06
会終了後、参加者の皆さんに回答いただいたアンケートの中には、

「中山さんのトークをお聞きして、普段何気なくしている食事という行為のあり方を見直そうと思いました。」
「今さら聞けなかった中山さんのルーツを知ることができてよかったです!」

といったようなご意見があり、中山さんをお誘いした私としても、
ルーツと展望を知ることが出来て、改めて中山さんパワーは凄いなぁ、と惚れ惚れしましたし、
中山さんのお話をきっかけに、参加者の皆さんからいただいたご意見から起こる「気づき」があり、勉強になった楽しい時間だったように思います。

改めて、中山さん、ありがとうございました!
ドイツでも元気で頑張ってください!京都に来られる際には、またお待ちしております^^
ご参加いただいた皆さまも、本当にお越しいただきありがとうございました。



oikazeごはんは、2017年は「おはなし」というテーマで、「本」と「人」の2軸をごはんと絡めておこなっています。
毎月第2土曜日の開催となり、次回開催は、10/14(土)です。

oikazeごはんに興味のある方はもちろん、久しぶりに私達に会いたいという方、
その時々の「本」と「人」にご興味のある方、おいかぜやおいかぜスタッフに興味がある方。
是非、ご都合が合えば、私達と一緒にごはんを食べながら楽しい一時を過ごしましょう^^
皆さまにお会い出来るのが楽しみです。心よりお待ちしております。

クラ