6月のoikazeごはん

2017.05.31.やまもと

ogp_06
6月のoikazeごはんは
ごはんを食べながら、本についてゆるりとお話ししたいな、

という回です。

わたし(やまもと)は本が好きです。
文字を読むことも、
ページをめくる動作も、
印刷したての本や古本のあの甘い匂いも。
あと、表紙を眺めることも。

「本の話を誰かとしたい」
「最近読んでいないけど本に出会いたい」という方、
本との過ごし方はそれぞれかと思いますが、この日は、本を楽しむ時間を一緒に過ごしませんか。
当日ご用意する本はこちらです。

~ ~ ~ ~ 出会う本 ~ ~ ~ ~
『 白の鳥と黒の鳥 』
著) いしいしんじ
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

『 白の鳥と黒の鳥 』には19の短編が集録されています。
この中から”太ったひとばかりが住んでいる村”という話に登場する、レストランをモチーフにごはんを作ります。
この話を知っている人も知らない人も楽しめる会になっております。
どんなごはんが出てくるかは、当日までのお楽しみです!

定員は10名。参加費として500円 + 本代514円(合計1,014円)をお願いいたします。
『 白の鳥と黒の鳥 』をご持参いただける方は本代はかかりません。500円のみとなります。

詳しくはFacebookのイベントページをご覧ください。
ご参加いただける方は、イベントページにて「参加予定」にしていただけますと幸いです。

・イベントページ 6月のoikazeごはん
ー小説の世界をモチーフにつくるごはんー
https://www.facebook.com/events/1581538055221868/


2017年のoikazeごはんのご案内

2017.05.26.クラ

ogp_nenkanyotei_0518
2017年2月11日(土・祝)、約3年ぶりに復活したoikazeごはん。
その日を皮切りに、「2017年は毎月第2土曜日に開催していきましょう!」と
クラタとやまもとを中心にoikazeごはんが再び動き始め、4回のoikazeごはんを開催しました。

 

2017年は「おはなし」という大きなテーマを設けて、

・「人」がテーマの「ゲストとつくるごはん会」
・「本」がテーマの「本を読むごはん会」

の2パターンでoikazeごはんを開催しています。
2017年の開催日程はこちらになります。全11回の開催です。


[ 終了 ] 2/11(土・祝)
復活のoikazeごはん

[ 終了 ] 3/11(土)
本を読むごはん会 ー「小説」に出てくる言葉をモチーフにつくるごはんー 

[ 終了 ] 4/8(土)
ゲストとつくるごはん会 ー OVERKASTさんにインターフェースの話を聞く会 ー

[ 終了 ] 5/13(土)
ゲストとつくるごはん会 ー 街中の社員食堂 HACOBU KITCHENさんのおはなし ー

6/10(土)
本を読むごはん会

7/8(土)
本を読むごはん会

8/12(土)
ゲストとつくるごはん会

9/9(土)
coming soon

10/14(土)
coming soon

11/11(土)
coming soon

12/9(土)
coming soon

 

終了したoikazeごはんは、レポートをアップしています。
oikazeごはんに興味がある方は是非ご覧ください。雰囲気が伝わると嬉しいです^^

2/11(土・祝):oikazeごはんが復活しました
3/11(土):ー「小説」に出てくる言葉をモチーフにつくるごはんー 
4/8(土):ー OVERKASTさんにインターフェースの話を聞く会 ー


oikazeごはんに興味のある方はもちろん、久しぶりに私達に会いたいという方、
その時々の「本」と「人」にご興味のある方、おいかぜやおいかぜスタッフに興味がある方。
是非、ご都合が合えば、私達と一緒にごはんを食べながら楽しい一時を過ごしましょう^^
皆さまにお会い出来るのが楽しみです。心よりお待ちしております。

クラ


5月のoikazeごはんのご案内

2017.04.24.クラ

2017-04-19
5月のoikazeごはんは、ゲストをお迎えする事になりました。
今回のゲストは、「HACOBU KITCHEN」の中山 咲子さん。

〜〜〜〜〜 中山 咲子さんのご紹介 〜〜〜〜〜

岡山生まれ。アメリカや名古屋を転々として育ち、デザイナーを志して京都造形大学情報デザイン学科へ。
在学中に「株式会社はてな」でまかないづくりをはじめ、卒業後はフードコーディネーターとして独立。
2011年、京都・五条にカフェ「HACOBU KITCHEN」をオープン。
2015年からはケータリングやレシピ開発、撮影用のスタイリングなどに専念。2017年秋からドイツに移住予定。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おいかぜでは、月に1度、全社員が集まる、ほうれんそう全社会議のお弁当ケータリングでお世話になっていました。
秋からドイツに拠点を移す事になった中山さん。京都を離れるその前に、美味しいご飯を運ぶ事になった今までと新天地でのこれからについて、ゆったりとお話を聞きたいな、と思います。

〜〜〜〜〜 お品書き 〜〜〜〜〜

− 皆で楽しむドイツ料理(予定)
・プレッツェルまたはドイツパン
・ソーセージ
・ザワークラウト
・カルトッフェルズッペ(ジャガイモのスープ)

− お話を聞きながら楽しむティセット
・ハーブティ
・HACOBU KITCHENさんのお菓子

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回のoikazeごはんは、いつもよりゆとりのある2時間を予定しています。
スタッフお手製のごはんと「HACOBU KITCHEN」さんお手製のお菓子をご用意します。

 

定員は15名、参加費は1200円です。

HACOBU KITCHENさんやおいかぜスタッフとお話ししてみたい方、どなたでも大歓迎です。

さらに詳しい内容はFacebookのイベントページをご覧ください。
ご参加いただける方は、イベントページにて「参加予定」にしていただけますと幸いです。
# Facebookのアカウントをお持ちでない方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

是非、ご参加をお待ちしています!

・イベントページ
5月のoikazeごはん
ー 街中の社員食堂 HACOBU KITCHENさんのおはなし ー
https://www.facebook.com/events/1255943624516760/


4月のoikazeごはん ご報告

2017.04.19.クラ

17854786_1320105044692998_7112481260078707593_o


4/8(土)にoikazeごはんを開催いたしました。
当日の様子をご報告させていただきます。


今回のoikazeごはんは、OVERKASTさんをメインゲストにお迎えして、
第1部:みんなで楽しむごはんの時間
第2部:「インターフェース」について語るティタイム
の2部構成でお送りしました。


 

当日ご参加いただいた皆さま

gohan_170408_12 gohan_170408_13


OVERKASTの大林さん、遠藤さん
いろいろデザインの長山さん
1-10 driveの森岡さん
フリーカメラマンの磯井さん
山椒Studio
の永尾さん
Wonder LAB Osakaの折田さん
Panasonicの鳥谷さん
bank toの光川さん
臨床デザイナーの辻さん
の10名をお招きしてのoikazeごはんになりました。
おいかぜスタッフは、柴田、やまもと、クラタ、中村、岡山の5人でお出迎えです^^
参加していただいた皆さま、当日はどうもありがとうございました!


おしながき

gohan_170408_06gohan_170408_05


この日のごはんは、
・ひき肉とサルサメヒカーナとレタスを包んで食べるタコス
・ひよこ豆のスープ


gohan_170408_03 gohan_170408_04


トルティーヤに具材を包んで、巻いて食べます。
oikazeごはんは、おいかぜスタッフの手作りです。
トルティーヤは、朝からクラタが生地をこねて、中村が伸ばして、約70枚ほど焼きました。
色とりどりのサルサメヒカーナは、岡山とやまもとで準備しました。


gohan_170408_10


ティタイムは、
・アルファフォレス(南米の郷土菓子)
・ブラジル産の豆を使用したアイスコーヒー


コーヒーは、クラタがミルで挽いてたものを冷やしてアイスに。
紙コップに一工夫するために今回の告知で使用したビジュアルで持ち手を彩ってみました。
アルファフォレスは、やまもとがメインとなって美味しく焼き上げ、ミルクジャムを塗って、ココナッツで装飾しています。
濃いめのコーヒーにぴったりの甘さ。ほろほろしていて、とても美味しかったです^^


 

お気付きの方もいるかもしれませんが、今回用意したご飯のテーマは、「南米」です。


ー 人間中心的にみると世の中は多様性があり、我々の中は混血化しています。
内側が混血化している話は「南米」に諸説が多いので、「南米」をテーマにした料理はいかがでしょう。


と、事前の打ち合わせの際に、OVERKASTの大林さんにトークに繋がるような食ネタとして提供していただきました。


…とは言うものの、南米料理を食べる事はありますが、自分達で作ったことはありません。
タコスは、以前のoikazeごはんでも作ったことがあるので、ユリコフからコツを聞いてみたり。
アルファフォレスは、私の直感で「これは美味しそうだ!!」と思い、やまもっちゃんにお願いしてみたところ、美味しく試作してくれました。
特定の国には絞らずに、私達でも作れそうな皆で楽しめる「南米」料理を作り、参加者の皆さんに振る舞う事が出来て良かったです^^


 

OVERKAST TALK「インターフェースと世界観」

gohan_170408_08


ティタイムの時間に、今回のメインゲストであるOVERKASTの大林さんから
「インターフェースと世界観」というテーマでトークをしていただきました。


OVERKASTさんが運営するEKRITSというWEBメディアで掲載された「インターフェース、その混血した言語性」をさらに分解したお話。
『「インターフェース」はこれからどうなっていくのか』、という問いに対して、
主体=人間という枠からずらしたお話や、テクノロジーの進化と共にインターフェースが変容していく様子の解説、「世界をどう見るか」といった観点、などなど。
最新のIoTや人工知能などのテクノロジーの観点や哲学や人類学などの研究内容の話を交えながら、たっぷりとお話ししていただきました。


個人的には、「人間を超えた知性として人工知能が存在し、主体はその知性を超える存在を想定した途端に失われてしまう。人間は主体ではなく、一つのオブジェクトと捉えていく考え方がある」ということを知れたのが目から鱗。


「SF作品で見た、絵空事のように思っていた世界が、いよいよ現実まで来ているんだなぁ」と改めて思い、「『今後どうしていけば、どういう目線を持てば、上手く付き合っていけるのかな』と少し先の未来に向けて、ワクワク出来るような新しい考え方・視点を知れたお話だったなぁ」と思いました。


gohan_170408_09


大林さんのトークの後は、参加者から今回のトークに対する感想やディスカッションが交わされました。
参加者の領域と混じえたテクノロジーよりの質問から、素朴な一般目線の質問まで。
様々な視点でディスカッションが交わされて、とても盛り上がりました^^


 

ごはん+α

gohan_170408_11

今回は、大林さんが監修している学習まんが「アフォーダンス」「記号とアブダクション」の即売会も実施。
この日のためにご用意していただいたコルシカさんのイラストカード付きでの販売となりました。
「今回の記念に」と買っていただく参加者もおられて嬉しかったです^^


 

4月のoikazeごはんを終えて

gohan_170408_07


ゲストをお呼びするトークショーや、ごはん以外にティタイムという時間を設けてお菓子を用意するといった、変則的なoikazeごはんは今回が初めて。
oikazeCUBEでの初めてのoikazeごはん、座席もズラして配置してみる、受付で即売会もする…などなど。
全体的にチャレンジングな会となりました。


「やるか、やらないか、だったら、やるだけ。」と企画を繋いでくださったOVERKAST遠藤さん。
この企画に乗っていただいた大林さんと弊社代表の柴田。
ごはん準備に全力を出してくれたoikazeごはん運営チーム。
当日お越しいただいた参加者の皆さん。
たくさんの積み重ねで大成功した会だったなぁ、と思っています。反省点も多いのですが、個人的に感無量です。
本当にお越しいただきありがとうございました。開催する事が出来て良かったです。


 

また、改めて告知させていただきますが、
2017年は「おはなし」というテーマで、「本」と「人」の2軸をごはんと絡めたイベントを進めていくことになりました。
次回開催は、5/13(土)。連続となりますが「人」が軸のoikazeごはんです。
より楽しい一時をご提供出来るように、現在準備中です。告知を楽しみにお待ちください^^


oikazeごはんに興味のある方はもちろん、久しぶりに私達に会いたいという方、
その時々の「本」と「人」にご興味のある方、おいかぜやおいかぜスタッフに興味がある方。
是非、ご都合が合えば、私達と一緒にごはんを食べながら楽しい一時を過ごしましょう^^
皆さまにお会い出来るのが楽しみです。心よりお待ちしております。

クラ


3社合同勉強会〜コミュニケーション編

2017.04.14.クラ

study_170407_01
先日、翠灯舎さんとアーキテクトタイタンさんと2回目の合同勉強会を開催しました。
今回のテーマは「コミュニケーション」。

study_170407_02
講師は、OVERKASTの遠藤哲生さん。
昨年、おいかぜと翠灯舎さんで共同主催をしていたUX KYOTOの勉強会でアシスタント講師として知り合い、そこから交流させていただくようになりました。
翌日のoikazeごはんに来ていただくことが決まっていたので、その前日にせっかくの機会だからと、勉強会の講師をお願いし、この勉強会が実現しました。

study_170407_03
勉強会は、

前半:遠藤さんご自身の経験、大切にされている事をお話しいただきながら、「コミュニケーション」を分解する講義の時間
後半:講義を受けて、参加者が考える「来週から取り組むこと」についてのディスカッションタイム

の2部構成で行われました。

ディスカッションは、この日の話を踏まえて、取り組みたいことを、ポストイットに「チーム内」「対クライアント」で1つずつ書き出し、壁に貼り、グルーピングを行います。さらに、投票をして、みんなの方向を探ります。

グルーピングを行いながら、「この考え、やっぱり良いですよね。」「あの人は、こういう事を良いと思ってたんだね!」といった意見が交わされていました。

普段、私達の仕事は、1人で制作をする時間が大半をしめていますが、仕事を進めていくためには、誰かと「コミュニケーション」をすることが、制作の時間以上に大切なこともあります。
今回の勉強会では、3社を交えて「コミュニケーション」をとり、各々の方向性や意見を自分の中に取り入れる事が出来て、とても貴重な時間でした。

詳細なレポートについては、翠灯舎さんのブログでチェックしてみてください^^!

study_170407_04 study_170407_05
また、今回の勉強会は、事務所拡張に伴い、リニューアルした新oikazeCUBEで開催しました。
リニューアルについては、また改めてお伝えしたいと思いますが、
今後も、勉強会やoikazeごはんなどのイベント事や貸し会場などで、広く活用されるスペースにしていこうと思います。
新oikazeCUBEの動きにご期待ください^^

study_170407_06
勉強会終了後は、懇親会!
今回は、ケータリングをおいかぜのご近所にあるNOTTA CAFEさんに作っていただきました。
春らしい色とりどりの美味しいバケットでした。
いつもありがとうございます!

study_170407_07
懇親会の最後に、3社の代表陣と遠藤さんから挨拶をいただきました。
「コミュニケーション」について意識的に取り組む機会は、今後も企画していく予定です。
遠藤さん、改めて、今回はありがとうございました!

クラ


4月のoikazeごはんのご案内

2017.03.27.クラ

ogp_april
4月のoikazeごはんは、ゲストをお迎えする事になりました。
今回のゲストは、OVERKASTさん。

〜〜〜〜〜 OVERKASTさんのご紹介 〜〜〜〜〜

株式会社オーバーキャスト(OVERKAST)はエクスペリエンスデザインを専門とする設計事務所。
価値をコンセプトに変え、サービスやプロダクトのコミュニケーションを設計しています。
http://overkast.jp/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京で活動されているお2人から、
普段京都にいると聞く事の出来ない東京でのお話や、
OVERKASTさんが運営するEKRITSというWEBメディアで掲載された「インターフェース、その混血した言語性」について
参加者の皆さまと思ったこと、感じたことを共有する場に出来たらと思います。

〜〜〜〜〜 お品書き 〜〜〜〜〜

・タコスとスープ
・ティセット:コーヒーとお菓子

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回のoikazeごはんは、いつもよりゆとりのある2時間を予定しています。
スタッフお手製のごはんとティセットをご用意します。

そして、当日はOVERKASTの大林さんが原作・監修を務める
学習まんが「アフォーダンス」「記号とアブダクション」
の即売会も行います。

定員は15名、参加費は1500円です。

OVERKASTさんやおいかぜスタッフとお話ししてみたい方、
「インターフェース」について話を聞いてみたい、してみたい方、
学習まんが「アフォーダンス」「記号とアブダクション」に
興味のある方、どなたでも大歓迎です。

さらに詳しい内容はFacebookのイベントページをご覧ください。
ご参加いただける方は、イベントページにて「参加予定」にしていただけますと幸いです。

是非、ご参加をお待ちしています!

・イベントページ
4月のoikazeごはん
ー OVERKASTさんにインターフェースの話を聞く会 ー
https://www.facebook.com/events/1395420093851173/


3月のoikazeごはん ご報告

2017.03.24.やまもと

3/11(土)にoikazeごはんを開催しました。
当日の様子をご報告させていただきます。

gohan_march_33月もたくさんの方にご参加いただきました。

Wonder LAB Osakaの折田さん
翠灯舎の土門さん
creesseのタイさん
marvin graficの中瀬さん
イラストレーター・漫画家の大江さん
テキスタイルデザイナーの西村さん
京町家ゲストハウス かみわたりの柳さん
グラフィックデザイナーのスギモトさん

おいかぜスタッフは柴田、峯、クラタ、やまもと、中村の5人でお迎えです。
当日は、お越しいただきありがとうございました。

gohan_march_1今回のoikazeごはんは「小説に出てくる言葉をモチーフにつくるごはん」というテーマで、
ごはんを食べつつ、本を楽しむ時間を一緒に過ごすという回でした。
あいさつや自己紹介をしたあとは、読書の時間です。
『夜のくもざる』(文:村上春樹 / イラスト:安西水丸)から「もしょもしょ」という短い短編を各々が静かに読みます。

gohan_march_2本を読んだ後はお腹が空きますよね、ということでお昼ごはんです。
もうすぐ春ということで、春らしい食材を使ったおしながきです。

~ ~ ~ ~ ~  おしながき ~ ~ ~ ~ ~
菜の花と新じゃがのミモザサラダ
トマトと若ごぼうの”くりゃくりゃ”
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

“くりゃくりゃ”とは「もしょもしょ」に出てくる、考えてみないと何なのか分からない、少し不思議なものです。
それをどんなものなのか想像で作らせていただきました。

gohan_march_4「これがくりゃくりゃか~」と言いつつ、
「くりゃくりゃはマッサージ機だ」「お金じゃないのか」「いや、クリムトの絵だ」という会話も。
ちなみに私にとってのくりゃくりゃは”うなぎのタレ”でした。
気になる方はぜひ、「もしょもしょ」を読んでみてください。

次回のoikazeごはんは、4/8(土)の開催です。
4月は、おいかぜスタッフとお2人のゲストでお迎えいたします。
詳細は、こちらをご確認ください。→4月のoikazeごはんのご案内
みなさまのご参加を心よりお待ちしております^^


3月のoikazeごはんのご案内

2017.03.03.やまもと

0311_ogp
3月のoikazeごはんは、
ごはんを食べながら、本についてゆるりとお話ししたいな、という回です。

わたしは本が好きです。
文字を読むことも、ページをめくる動作も、印刷したての本や古本のあの甘い匂いも。
あと、表紙を眺めることも。

「本の話を誰かとしたい」 「最近読んでいないけど本に出会いたい」という方、
本との過ごし方はそれぞれかと思いますが、この日は、本を楽しむ時間を一緒に過ごしませんか。
当日ご用意する本はこちらです。

~ ~ ~ ~ 出会う本 ~ ~ ~ ~
『 夜のくもざる 』
文) 村上春樹 / イラスト) 安西水丸
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

『夜のくもざる』は36の短い短編小説とたくさんのイラストが集録されています。
今回はお話を1つ選び、その中に出てくる言葉をモチーフにごはんをご用意します。
どんなごはんが出てくるかは、当日までのお楽しみです!

定員は10名です。また、参加費として500円 + 本代767円(合計1267円)をお願いいたします。
『 夜のくもざる 』をご持参いただける方は本代はかかりません。500円のみとなります。
事前に読んできていただても、当日読んでいただいても問題ありません。

本好きの方はもちろん、本をあまり読まない人も楽しめる会になるかと思っております。
是非お越しください^^

詳しくはFacebookのイベントページをご覧ください。
ご参加いただける方は、イベントページにて「参加予定」にしていただけますと幸いです。

・イベントページ 3月のoikazeごはん ー「小説」に出てくる言葉をモチーフにつくるごはんー https://www.facebook.com/events/1588450944505938/


oikazeごはんが復活しました

2017.03.02.クラ

img_oikazegohan_201702_1

2017年2月11日(土・祝)、約3年ぶりにoikazeごはんを再開しました。
今回は、当日の様子をお届けしようと思います。



当日ご参加いただいた皆さま

img_oikazegohan_201702_3

山椒Studioの永尾さん
お灸堂の鋤柄さん
翠灯舎の田中さん
Wonder LAB Osakaの折田さん
bank toの平山さん
の5名をお招きしてのoikazeごはんになりました。
おいかぜスタッフは、柴田、やまもと、クラタでお出迎えです^^

参加していただいた皆さま、当日はどうもありがとうございました!


img_oikazegohan_201702_7

皆で和気藹々とごはんを楽しみました。



おしながき

img_oikazegohan_201702_9

・クラタが作る具沢山のお味噌汁
・やまもとが用意するあったかおにぎりと美味しいお漬物と薬味

今回はこちらの2品をご用意させていただきました。
普段料理慣れしていない2人が用意したので、少し見た目がよろしくないですが^^;、
参加者の皆さんには、喜んでいただけたようで一安心です。


img_oikazegohan_201702_10

おにぎりの方は、一人ひとり、上に乗っている薬味が違います^^


img_oikazegohan_201702_2

やまもとの方からは、薬味に使用した福井県鯖江産の「山うに」について熱く語る場面も。
これには、参加者一同聴き入ってしまいました^^


img_oikazegohan_201702_12

また、bank toの平山さんから手土産としていただいた養老軒の大福を食後にいただきました。
とっても美味しかったです^^!ありがとうございました。



ちょっとしたおもてなし

今回は、来ていただける皆さまに少しでも楽しんでいただこうと、
ちょっとしたおもてなしをご用意しました。


img_oikazegohan_201702_4

おしながきをご用意させていただいたり。


img_oikazegohan_201702_11

今回のロゴを使用した箸入れや参加者のネームプレートをご用意させていただきました。
実は、ネームプレートの裏には、やまもとからのちょっとした小ネタが。
私も当日まで知らなかったのですが、こういったサプライズがあると嬉しいものですね。
参加いただいた皆さまは、ネームプレートを見返して、思い出してみてくださいね^^



次回予告

img_oikazegohan_201702_6

楽しいご飯の後には、やまもとから今後の開催についての告知をさせていただきました。


img_oikazegohan_201702_5

次回は3月11日(土)の開催となります。
Facebookでイベントページを立てていますので、ご参加いただける方は
そちらで参加表明していただけるようにお願いいたします。

・イベントページ
3月のoikazeごはん ー「小説」に出てくる言葉をモチーフにつくるごはんー
https://www.facebook.com/events/1588450944505938/



復活のoikazeごはんを無事に終えて

img_oikazegohan_201702_8

「当日までどうなるか分からないけれど、まずはやってみなくては!」という気持ちで、
やまもとと2人で準備を進め、柴田さんにもサポートしていただきました。
参加していただいた皆さんと、ご飯をいただきながら、楽しい一時を過ごす事が出来、
イベントが終わった今はホッとしております。

また、次回開催に向けて、より楽しい一時をご提供出来るように、準備をしていく予定です。
oikazeごはんに興味のある方はもちろん、久しぶりに私達に会いたいという方、
おいかぜやおいかぜスタッフに興味がある方は是非ご参加ください。

また改めて告知させていただきますが、2017年のoikazeごはんは、毎月第2土曜日に開催いたします。
是非、ご都合が合えば、私達と一緒にごはんを食べながら楽しい一時を過ごしましょう^^
皆さまにお会い出来るのが楽しみです。心よりお待ちしております。

クラ


1 / 212